デザインが大切

女性

デザインを工夫してみる

ダイレクトメールの良さは、作成者のアイディアが光る魅力的な内容を作り上げられることです。しかし、あらゆる手法を駆使しても、開封率が上がらないと悩む企業も少なくありません。近年は発送を手掛ける専門業者が考案した最先端ダイレクトメール手法を使って販売支援を行なうことが増え、多くの企業が効果を実感しています。

一般と比べてみた

普通に発送されているダイレクトメールの場合だとコストは良くても顧客に合わせた内容になっていない可能性が強いです。レスポンスも悪くなり、販売実績も伸びません。最新のダイレクトメール手法を使うことでコストは安いまま、けれども顧客の行動パターンに乗っ取った内容のメールを発送できるので購買率も上がり、経営も安定します。

行動パターンを知る

例えば同じ情報でも、受け取る側の反応で意味が違ってきますし、与える印象も異なります。ダイレクトメールを発送する上で重要なのは受け取る側にどれだけいい印象を与えられるかなので、各顧客の行動パターンを知り発送する必要があります。この場合は生年月日から情報を分析し、それぞれに合った情報を発信します。そうすることで開封率が上がり、新規顧客の獲得が可能となります。

アピールすること

ダイレクトメールで何を発信したいかで、開封率は大きく変わってきます。例えば、ストーリーを混ぜつつ商品を紹介するのか、お得感を全面的に出すのか、ステータスを重視するのかで作成するダイレクトメールの内容が決まってきます。

発送するコストが下がる

送信者リストの整理も発送費用を浮かせるコツですが、受け取る側に合わせたダイレクトメールの作成を心がけるだけで高倍率が上がり、開封率が安定します。その影響で発送コストを削減する手伝いができますから、一石二鳥だといえます。